新着情報/ブログ

2020年11月12日

アポが取得しやすい案件のみ、“ふるい”にかけてご紹介しています。

当事業所の運営母体はテレアポ代行会社ですので、

全国の企業から毎日のようにテレアポの依頼が数多く入ってきます。

 

また、それ以外にも新規営業の専門スタッフが、

様々な営業手法で常に新しいお仕事を開拓していますので

本当にたくさんのテレアポ案件が満ち溢れているといった状況です。

 

但し、それらのテレアポ案件を、みなさんにすべてご紹介している訳ではありません。

中にはアポ取得の難易度が非常に高く、1日架電してもアポが全く取れない、

というような案件をクライアント企業から依頼されることもあります。

 

そのような案件をみなさんにご紹介してしまうと、みなさんの収入にも

マイナスの影響を与えてしまいますので、そうならないように

事前に難易度をチェックした上で、みなさんにご紹介をしています。

 

どのようにチェックをしているか具体的にご説明しますと、

こちらも、難易度をチェックする専門のスタッフがいるんですが、

一つの案件に対して、複数のスタッフが合計で、のべ3日以上架電して、

その結果、1日平均2アポ以上取得できるもののみを受注しています。

1日平均5アポも6アポも取得できるような難易度の低い案件も、もちろん含まれます。

 

1日平均2アポ以上ですから、3アポ取得できる日もあれば、

1アポしか取得できない日もあるかもしれませんが、

全く取れない日や1アポしか取れない日が続くというような案件ではありません。

 

このように事前にチェックした案件(お試しコールした案件)は、言ってみれば、

専門スタッフの「お毒見」が済んだ案件ということが言えると思います。

みなさんには「お毒見」済みの安全な案件のみ「ご賞味」いただくことになる訳です。

 

ちなみに、この基準をクリアできなかった案件は、

クライアント企業にどれだけ懇願されても受注はせず、お断りをしています。

 

みなさんが安心してテレアポができるよう、数多くの案件の中から

“ふるい”にかけて、アポが取得しやすい案件のみをご紹介するのが、当事業所のシステムなのです。

                           ブログ一覧へ戻る